graphic_banner.jpg

pamphlet_banner.jpg

logo_banner.jpg

package_banner.jpg

advertising_banner.jpg

web_banner.jpg

music_banner.jpg

CATEGORY | DESIGN WORKS


売りにつなげる、ブランドデザイン。

「売りにつなげる」ために私たちが、大切にしていることがあります。

デザインとコピーライティングに力を入れることで売りにつながった。そんなケースが増えています。たとえば、パンフレットの場合、その役割は営業マンをサポートし、商品価値を高め、売りにつなげることにあります。しかし、クリエイターのセンスや、ただ単に「かっこいい」とか「しゃれている」という理由でデザインを決めているというお話も聞きます。大切なのは、お客様が抱えている問題や課題が何であるか?パンフレットの最終目的はどこにあるのか?そして、「誰に、何を、どのように伝えるのか?」を考え、商品やサービスの価値をお客様に気付いていただくことです。この機会に、もう一度、デザインの考え方や使い方を見直してみてはいかがでしょうか?




title_01.jpg
お話の内容から、問題点と課題を探り、目的を明確にします。
目的に合わない広告やデザインは、コストも労力も無駄にしてしまいます。
そのためにも、私がカルテにあたるオリエンシート作りをお手伝いします。


title_02.jpg
市場動向によって、マーケティングプラン、デザイン、メッセージを考えなくてはいけません。
そのためには、消費者の視点でリサーチすることが大切です。
フィールドに出て、見て、聞いて、購買につながる消費者の本音(コンシューマーインサイト)を探ります。


title_03.jpg
消費者の本音から、時にはイメージプロファイルを作成します。
価値観が多様化する超成熟化社会では、マス(大量)を計り、平均値を取るのではなく、
特定のターゲット像を描き、消費者個人の本音を掘り下げていきます。


title_04.jpg
御社の商品やサービスを使うと、消費者へどのような結果をもたらすかということを考えます。
ターゲットの視点で、共感性のあるコピーメッセージを開発していきます。


title_05.jpg
みなさまが、できるだけ企画の内容を理解できるように、考え方を企画書にまとめます。
その考え方に基づき、デザインを客観的に検証し、いろいろな角度からご提案します。


title_06.jpg
広告やデザインをどのように使えば効果的か、仕組みを考えます。
武器を持っていても、それをどのように使って戦うのか、戦略がなければ宝の持ち腐れです。
媒体計画、パブリックリレーションズ、ホームページなどへ、誘導していく仕組みをご提案します。



CATEGORY | DESIGN WORKS


ヴィグロワが、大切にしている3つのデザイン。



title_07.jpg
(考えるデザイン)
デザインに取り組む前に大切なことがあります。まずは、しっかりとお客さまにヒアリングすること。たとえば、「売り上げが延びない」、「集客をアップしたい」、「イメージアップを計りたい」など。そして、これらの問題点がどこにあるのか?どのような方法やカタチにすれば、目的が達成するのかを考えていきます。意外とこれらをおろそかにするケースが多いのではないでしょうか?


title_08.jpg
(伝えるデザイン)
グラフィックデザインは、視角伝達デザインともいいます。見る人にどのような印象を与え、効果的に目的へ達成するかを検証していきます。広告やポスターやチラシなら何を伝えたいのか?パッケージなら、思わず手に取ってみたくなるもの、ロゴマークなら出来た時はいいけれど、何年か経つと古臭く感じられたりとかしないように、いろいろな場所に展開されることを考えていきます。


title_09.jpg
(心地良いデザイン)
日本の風土や文化にはいいモノがたくさんあります。ただ、残念なことに企業収益の目的だけのために、多くの景観を壊しているように思います。そこには、企業のエゴだけではなく消費者があっての社会です。みなさまも私達も同じ収益を上げるなら、世の中に少しでも貢献しませんか?また、見る人々や受け手に「心地良さ」を与えること。私達はこれを社会的責任と考えています。

CATEGORY | DESIGN WORKS


このようなプロセスで、 デザインは生まれます。

出来上がったデザインが単純に見えても
そこへ辿り着くまでのプロセスがあります。
多くのアイデアの中からふるいにかけられたデザインは、
メッセージ性の強いものになります。




info_01.jpg




info_02.jpg

CATEGORY | DESIGN WORKS


ブランドデザイン概念図

ブランドとは、消費者の心の中に出来上がるイメージです。正確には認識であり、世の中や消費者に対しての約束事。また、一度見たり聞いたりしただけで心に残るもの。その集まりがブランドだと考えています。それに対して、ブランディングとはingの進行形です。ブランドの進行形、それは、消費者との心の絆を作り、それがずっと記憶に残り続けるものであります。インパクトは、花火を打ち上げた時のように驚きがあるかもしれませんが、その場を去れば忘れ去られてしまいます。それよりも見る人の心の中に入り、同じ共感性を共有した方が長く心に残るのではないでしょうか?それが、私たちの考えるブランドデザインです。

branding.jpg

CATEGORY | DESIGN WORKS


ヴィグロワ デザインの心得

◎発想の原点は紙と一本のペンで始めること。
◎間違ったプライドを捨てること。
◎誉められることよりも、否定意見に耳を傾けること。
◎議論が白熱しても感情的にならないこと。
◎さまざまな困難にぶつかっても投げやりにならないこと。
◎人として誠実であること。
◎業界人振るのではなく、普通の感覚も大切にすること。
◎時間と体力の許す限り、「これでいいのか」と検証すること。
◎言われたことだけではなく、自分でテーマを見つけること。
◎他人に対して寛大であること。
◎時間に厳しいこと。
◎譲り合いの誠心を持つこと。
◎メジャーであることよりも本物であること。
◎感謝の気持ちを持つこと。
◎デザイナーという肩書きに溺れないこと。
◎どんな仕事も白紙の状態から考えること。
◎デザインとは、自分が生みの親であること。
◎月曜日は休みボケになり、金曜日は集中力を欠かないこと。
◎些細なことに、無邪気に感動すること。
◎努力あっての才能だということを忘れないこと。
◎責任を持って最後まで完成させること。
◎プロフェッショナルという意味を常に自問自答すること。
◎幸せの青い鳥は、「自分の心のパッションにある」ということ。
◎自分の短所を何倍もの長所で補うこと。
◎物事を俯瞰で捕らえること。
◎常識を疑ってかかること。
◎全てにポジティブであること。
◎常に自分自身を高めること。
◎デザイナーという仕事にゴールはないということ。
◎仕事に感動がなければ、成功ではないということ。
◎デザインテクニック以前に以上のことが大事だということ。
◎「ありがとう」と言われる仕事をすること。



CATEGORY | DESIGN WORKS


ヴィグロワ行動指針10ヶ条

自らが輝き「心地良さ」を大切にしよう!

1.デザインを語る前に人格者であること。
2.自分がやられて嫌なことは、人にはやらない。
3.反対意見には、代替案を出せ!
4.Takerではなく、Giverになれ!
5.困っている仲間がいたら、見て見ぬふりするな!
6.キラーフレーズを言うな!
7.考えるだけではなく、行動に移そう!
8.受けた仕事は、好きになろう!
9.間違いを指摘し合い、お互いに成長しよう!
10.「ありがとう!」と言われる仕事をしよう!

そうすれば、きっと自らが輝き、世の中に「心地良さ」を提供できる。




designworks_button.jpg

CATEGORY | DESIGN WORKS


1 
©VIGLOWA Inc. All right reserved.