<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

中道順詩 写真展/Tranquill

VIGLOWA EXHIBITION

来週6月5日(水)から、中道順詩 写真展を開催します。


20130530_01.jpg


タイトルのTranquillとは、フランス語で静寂という意味。僕は、中道さんの事務所にお邪魔して、作品を選ばせていただいたときに久々に銀塩プリントの美しさに触れた。世界のファインアートフォトグラフィーが、高画質インクジェットプリントの時代になり、フイルムメーカーも次々とデジタルの時代に移行してきた。フィルムと銀塩プリントは完全にはなくならないかもしれないが、入手困難になってくるのは確実だろう。作品の善し悪しは、プリントの出来だけではなく、作品コンセプトもしっかりしていて、何を世の中にメッセージしようとしているかが大事だと思う。


作品を拝見して、瞬間的に感じたことは静けさだった。とにかく、騒がしい世の中だ。特に都会では、心地良い静けさを確保することがとても難しい。最近とても静けさに憧れる。テレビの騒音も嫌だ。あのお笑いタレントの意味のないしゃべり。報道番組には、必ずゲストとコメンテーターが出てくる。電化製品、エアコン、コンピューターのノイズが人間の第6感を麻痺させているのだそうだ。同じノイズでも小川のせせらぎや草原のそよ風は、心地良く感じるのは地方出身者だからだろうか?創造的な何かを生み出そうとするには、心を落ち着かせ静寂の中に身を委ねることも一つの方法だと思う。都会暮らしでは、騒音を避けることはできないけれど、騒音と静寂のスイッチを切り替えることができれば、心に余裕ができてもっと他人に寛容になれるかもしれない。


こんな時代に中道順詩のモノクロ銀塩プリントに触れると、ほっとするのである。どの写真も静けさを感じ、心を落ち着かせてくれる。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 22:36

デンマークからRikke Darling

VIGLOWA EXHIBITION

いよいよ、9月5日(水)からRikke Darling 企画展 Northern Lightが開催する。


20120831_01.jpg


ギャラリーをオープンして、1年半が経つ。今までにないギャラリーを目指して、もっと暮らしにアートを身近にできないものかと考えて手探りの状態で始めた。
日本人は、アートというものを何か特別なものだと考えていないだろうか?作家集めをしていて、インテリアに合うアートを目指したいと思ったが「インテリアとは何事だ!」という作家が多いことに驚いた。英語でinteriorとは、日本語で室内装飾品という意味であり、室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具を表す。また、インテリアは装飾品、什器そのものより、それによって飾られた室内空間という概念が強い語である。アートは、その室内空間を飾るものではいのではないだろうか?


20120831_02.jpg


Rikke Darlingとの出会いは、face bookだった。日本だけに留まらず、世界のアーチストを検索していたら、日本では見たこともないアートを見つけた。しかも、食器、家具、楽器、自転車までにペインティングして遊び心があり、キャンバスからはみ出て壁にまで延長して描かれている。これこそ、僕が求めているインテリアに合うアートだった。


20120831_03.jpg


かといって、Rikke Darlingの絵は壁紙のように軽いものではなく、時代性、メッセージ性がある。北欧の荒涼とした大地に神が大空に光の波を与えてくれたようだ。ビッグバンにより地球が誕生したとき、生物の最小単位である微生物、ミトコンドリアが海底の中で光を求めてうごめいているようにも見える。氷河期の恐竜達は、大きな身体故にその寒さから自らの命を守ることができなかった。微生物は、日中太陽に照らされて溶けた氷の水滴に潜り込んで、地層の割れ目に潜り込みマグマの近くまで辿り着いて暖を取った。氷河期が終わり地表には恐竜達が絶滅したところへ、地割れの隙間を這い上がり光を求めて地表へ辿り着いたのである。Rikke Darlingの絵を見ていると、この微生物達のように光を求めなんとか生き延びようとする生命の逞しさを感じるのである。生物の最小単位のようにどん欲にしたたかに生きて行く力強さを思い出すべきだと思う。人間とは、光という名の希望を求める生き物なのである。


20120831_04.jpg


20120831_05.jpg



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 01:33

Shiroki(塩川素子)W展のお知らせ

VIGLOWA EXHIBITION

今回、Shirokiの第2回目の企画展を札幌と東京で開催することになりました。
TEAM NACSの日本公演WARRIORのタイトルバックをShirokiが手がけ、公演中ステージにも使用されるそうです。ギャラリーヴィグロワとしては、初の札幌出張企画展です。


20120229_01.jpg


そこで、WARRIORのタイトルから連想して、W展と名付けました。
Wは、札幌と東京のダブルの意味もありますが、いろいろとWから始まるメッセージを込められないかと考えました。そして、僕の故郷である札幌と人生の約2/3を過ごした東京の架け橋にならないかと思いました。震災以来、未だに余震が続き経済は低迷し、あれから1年が経とうとしています。経済大国の日本はこのまま衰退していくのではないかと、誰もが不安に駆られているのではないでしょうか?ネガティブに悩んでいても始まらない。欲望だけにとらわれるのではなく、もっと身近な素晴らしさに目を向けたい。一日一日を大切に精一杯生きて、悔いのないようにしたい。そんなことをShirokiと話し合い、企画しました。


以下、Shirokiのステートメントをご紹介します。


Wonderfulな世界を求めて。

   Wは、この素晴らしき人生のWonderful...
   Wは、心を無垢にする白のWhite...
   Wは、宇宙の中でちっぽけな世界のWorld...
   Wは、自らの前に立ちはだかる壁のWall...
   Wは、全人類の母Woman...
   Wは、変幻自在にカタチを変える水のWater...
   Wは、生きることを背負う重荷のWeight...
   Wは、地面にしっかり立って歩くWalk...
   Wは、嫌なことを全て洗い流すWash...
   Wは、何かを成し遂げようとする時の意志will...
   Wは、人間の持っている脆さのWeak...

   私は、そんなWにインスパイアされた。 Shiroki

今回、TEAM NACS日本公演WARRIORのアートディレクションを手がけた、株式会社トラップの吉澤さんには大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。 
ギャラリーヴィグロワ 篠原英智

TEAM NACSのオフィシャルサイトは、こちら。http://www.teamnacs.com/stage01.html


★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 01:10 | コメント (0)

ムッシュ徳岡写真展レセプションパーティ

VIGLOWA EXHIBITION

9月10日(土)、ムッシュ徳岡写真展のレセプションパーティを開催しました。多くの方々に御来廊いただき、一時はギャラリー内が人が溢れて入場制限が必要かと思われたくらいです。

パリには、20区しかありませんが、「パリ21区」というテーマは、ムッシュ徳岡の永遠のテーマで、夢とうつつの狭間を描いた心象風景です。夢の世界がモノクロームだとしたら、現実の世界はカラー。その狭間をカラーともモノクロもともいえない色調で表現しました。

以下、レセプション風景をご覧ください。


21000911_03.jpg

レセプション前日、少しナーバス気味を解消するため、おちゃらけてみせるムッシュ。


21000911_02.jpg

当ギャラリースタッフとお揃いのコスチュームで親子みたい。


21000911_01.jpg

21000911_06.jpg

21000911_07.jpg

21000911_08.jpg


21000911_04.jpg

写真以外にもムッシュの数々のコレクションを展示販売しています。


21000911_05.jpg


21000911_09.jpg

21000911_10.jpg

カラーともモノクロともいえない色調です。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 11:14 | コメント (1)

高崎勉Breath展が終わって...

VIGLOWA EXHIBITION

オープニング企画展から、立て続けに高崎勉の個展を開催し、21日(土)が最終日でした。会期中は、多くの方にご来廊いただきありがとうございました。最終日は、朝からたくさんの方がいらして、ひとりひとり接客できなかったことをお詫び申し上げます。


20110524_01.jpg


さて、この個展を振り返ってみて思ったことですが、「花っていいな!」です。花というテーマが特に目新しい表現ではないので、正直反響が気になっていたのですが、高崎勉の今回のテーマはただ単に美しい花の写真ではなかったのです。長く生きていると人生いろいろあります。その中で大切な人というのは、息づかいが聞こえるほど、身近いることに気付かされます。そんな生き様を儚くも脆い、そしてそれが可憐な美しい花で擬人化しています。


20110524_02.jpg


20110524_03.jpg


20110524_04.jpg


前回のブログでは、透明感のある花のシリーズを選びましたが、今回、日が変わればまた違った見え方や考え方ができますので、別な3点をお勧めします。


暗闇に浮かぶ花は、時には誇らしげに、時には落胆し、喜怒哀楽を共に過ごしているようにも見えます。日常社会を明るい白バックで表現しているとしたら、黒バックに浮かぶ花は、暗闇に夜も一緒に過ごす大切な人生の伴侶のような気もします。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 17:20 | コメント (6)

高崎勉 Breath.展

VIGLOWA EXHIBITION

ギャラリーヴィグロワ企画展の第2弾は、高崎勉の花のシリーズ。世の中が停滞ムードなので少しでも明るく希望を持ってほしいという理由から、今回の作品を選びました。


20110513_02.jpg


僕が好きな作品は、この3点。もちろん、その日によって好みが変わったり気分を変えて飾りたくなる作品もある。朝と夜では好みも違ってくる。間接照明の世のバーなどでは、大きな額に入れたダリアなどいいかもしれない。


20110513_01.jpg


場所や気分によっても見方が違ってくるものだ。この3点がいいと思ったのは、高崎勉が語っている、「大切な人は、息づかいが感じられるほどの身近にいる」ということだ。僕はこの言葉にとても共感できる。人は、前を向き真っすぐに突っ走ってきて、時には壁にぶつかり、時には落胆したり、不安になったりするものだ。そんなとき、前に立ちはだかりこれ見よがしに自分の存在感を主張する人よりも、背後に息づかいが感じられ程の距離にいる人の方が大切な人だったりする。


20110513_03.jpg


この距離感は、人肌を体感できる距離でもあり、ほのかな息づかいを感じられる距離でもある。この二輪の花達はそんな寄り添う姿を表している。特にこの3点は、人肌のように透き通った儚さがある。人生を突っ走ってきて、ふと立ち止まるとそんな朧げな記憶が蘇ってくる。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 14:36 | コメント (2)

ギャラリーディスプレイ

VIGLOWA EXHIBITION

フォトグラファーの三浦さんに協力してもらって、写真とインテリアのコーディネートを提案してみました。当ギャラリーは、アートを売るのではなく、アートのある暮らしを売っていきたい。真っ白い壁にアートだけが引き立つような展示ではなく、インテリアとの組み合わせを見ていただき、部屋の中に飾ったことをイメージしてほしい。テーマは、「アートと暮らす」です。


20110422_02.jpg


20110422_01.jpg


みなさん、「うちは狭くて」とおしゃいますが狭い中にも心地よい空間を作り込んでいくことができます。こんな時代だからこそ、部屋の中を居心地良くしましょう。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 00:51 | コメント (0)

14日ギャラリーオープン

VIGLOWA EXHIBITION

無事、ギャラリーヴィグロワがオープンしました。


20110420_08.jpg


20110420_07.jpg


20110420_09.jpg


20110420_17.jpg


20110420_11.jpg


20110420_12.jpg


20110420_13.jpg


20110420_14.jpg


20110420_18.jpg


20110420_15.jpg


20110420_16.jpg

オープンしてから、一週間が経った。ギャラリー改装工事が予定より一週間遅れて、オープン3日前に完成した。準備期間がたっぷりあるはずだったので、地塗りやペンキ塗りは自分たちでやることになっていた。フォトグラファーの仕事仲間達がアシスタント時代、みんなスタジオのペンキ塗りをやったからお手のもの...のはずだった。2日しかない。


20110420_01.jpg


20110420_02.jpg


事務所半分にギュウギュウ詰めに荷物を積み上げ、工事は放置されたまま。仕事にもならない。地震のせいでネットワークの調子悪く、床をはがしてLAN工事も同時にやる。職人さん、国の命令で東北へ行ってしまい、資材が復興優先で手に入らないとかでオープンできないのではないかと思った。


20110420_03.jpg


20110420_04.jpg


20110420_05.jpg


20110420_06.jpg


2日間で地塗り、ペンキ塗り、組み立て家具の設置、荷物の片付け、額縁、展示、みんな夜中まで手伝ってくれたけど、これ以上は付き合わせるわけにはいかないと思い。夜中の3時に先にあがってもらった。一人で展示、ステートメントをスチレンボードに貼り、窓の外ではカラスが「か〜っ」と鳴く。「馬鹿にするんじゃね〜」と誰に怒りをぶつけていいのか分からず、意識が朦朧としてくる。時計を見ると朝の6時30分を回っていた。


当ギャラリースタッフのNには休みなく良く働いてくれて本当に助かった。多くの方々の協力もあり、なんとかここまでこれました。本当にみなさんありがとうございます。心から感謝しております。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 23:58 | コメント (6)

美しく、輝く、輪。

VIGLOWA EXHIBITION

この度は、東北地方太平洋沖地震により被災されたみなさま、
そのご家族の方々に対し心よりお見舞い申し上げます。
この時期にギャラリーを予定通りオープンするべきかどうか、ずいぶんと悩みました。
私たちが行動を自粛することは、ますます日本の経済を衰退させていくのではないか
という結論に達しました。


今、私たちにできること。それは、このギャラリーヴィグロワから元気を発信することです。
「VIGLOWA」とは、「美しく、輝く、輪」という意味の造語です。
みなさまと私たちのひとりひとりが、「美しく、輝く」という願いを込めて。

ギャラリー ヴィグロワ 代表 篠原 英智

●VIGLOWA=VI (美)+GLOW(輝く)+WA(輪)


20110331_01.jpg

●参加アーティスト 植田 敏之 写真家/Shiroki 書道家/高崎 勉 写真家/長谷 良樹 写真家/藤原 康利 写真家/三浦 哲也 写真家/ムッシュ徳岡 写真家 (50音順)
※出品作品は、変更になる場合もあります。




★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 00:03 | コメント (0)

こんな時期に...

VIGLOWA EXHIBITION

4月14日(木)に予定通り、ギャラリーヴィグロワをオープンしようと思います。


VIGLOWA02.jpg


VIGLOWA03.jpg


当社のホームページで告知した3日後に地震が起きた。当社のオフィスは4階にあり、大量のファイル、書籍が本棚から飛び出しぐちゃぐちゃになった。土日、テレビを見ながら復旧作業をしているうちに日本が悲惨なことになっていた。「この不況に追い打ちをかけるように何もこんなに壊滅状態にしなくても」と誰もが思っているに違いない。


僕がイメージする東北は、タルコフスキーの映画「ノスタルジア」の舞台になったイタリア中西部トスカーナ地方のように美しいところだ。僕は、この東北のどんよりした曇り空が好きだ。雨上がりの風景は、緑を青々と鮮やかに彩り喧騒もなく心が穏やかになる。人々は、屈託のない笑顔でとても温かい。どこか懐かしい日本の原風景という感じがする。そんな日本が誇れる美しい土地が一瞬にして壊滅した。映像を見ているだけで、自分が無力で悲しくなり具合が悪くなった。そう思っている人達がたくさんいるに違いない。一旦は、喪に服すという意味でギャラリーオープンを延期するべきか悩んだ。


でも、僕は決断しました。やります。有名人のように義援金を集めるという力もありません。偽善ぶって大人しくしているよりも自分が働いて収益を上げてそれが税金として徴収されることも日本を元気にすることにつながるのではないだろうか?日経平均株価の下落を見て、そう思った。こんな時期にノーテンキにアートがどうのこうのと言っている場合なのかと思ったけど、何もやらない怠惰よりも何かをやる努力をした方がよっぽどいい。VIGLOWAとは、VI(美)+GLOW(輝く)+WA(輪)、すなわち、「美しく輝く輪」という意味です。本来、この災害のために考えたネーミングではないけれど、みんなで輪になりかつてのように元気な日本になりたい。


DM用に制作したイメージビジュアルは、黄色の光を表現した。暗闇の中で一筋の光を見つけた希望をイメージしている。みんなで希望を持とう!



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 23:18 | コメント (4)