<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

美に囲まれる

アートの飾り方

お気に入りの作品の一部を壁にレイアウトしてみました。まだまだ、たくさんあるけれど、これはほんの一部です。


20150823_01.jpg


ARTを日本語に翻訳すると、芸術と美術という意味に訳されると思います。
以前、BSのテレビで「現代アートとは、何か?」というような内容の番組を観ました。そこで紹介された現代アートは、奇妙なものばかり。最後にニューヨークの有名キュレーターに「現代アートとは?」という問いに「現代アートとは、奇妙なもの」と答えていました。


道端に落ちているゴミ屑に有名キュレーターが、崇高なコンセプトをつけるとたちまち現代アートになってしまうのです。そういうアートも美術館で鑑賞するには、非日常的で面白いと思います。ただし、日常の生活の中では美術館のようなスペースがあり、そこで楽しむ分には良いのですが、通常の生活の中に不浄なものを置くことは魂を汚してします。


なぜ、日本人には清めるという心がけがあるのか?子供の頃、祖母には床、トイレ、階段、ガラス磨きを徹底気にさせられました。床は角の隅々まで、ガラスは斜めから見て拭きムラがあるとやり直しです。追い打ちをかけるように母もさらに綺麗好き。ガラス食器や銀食器磨きを手伝わされました。


親元を離れ、途中、大人になって、多忙な日常に追われ、そんなこともすっかり忘れて散らかし放題で怠惰な生活な時もありました。


でも、最近、祖母と母の躾が蘇ります。毎日とまではいかないけれど、休みの日にふと気がつくと、とことん掃除している自分がそこにいます。


そして、生活の周りのものを清めると身も心も清らかになることに気付きます。どんなに高級なブランドものに身を包んでいても普段の生活に対して美意識がなければ、品格がないような気がします。使い込んだ傷やかすれは歴史を物語るけれど、汚いものはやはり汚いのです。


だから、僕の中では芸術と美術は違うものと捉えています。芸術とはエンターテイメント、すなわち芸事。美術とは、エレガント、リファイン、すなわち雅な事であると解釈しています。ある西洋の数学者が言った言葉、「美しくないものは、何かが間違っている」なぜ、清めるか?の問いに対して明確な答えは未だ見出せないけれど、ここに答えがあるような気がします。美しいものを見たり触れたりすると心が清らかになる気がしませんか?



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 23:42 | コメント (0)

スタバの心地良い空間

アートの飾り方

スタバのデザインが好きだ。空間、パッケージ、壁面、インテリア、照明も含めて、グランドデザインが心地良い。スタバができてから、このようなカフェがたくさん出現したけれど、どれもスタバには追いついていない。味がどうとかという問題でなく、デザインのバランス感覚がいい。


210130723_01.jpg


いつまでも居たくなる雰囲気。きっと、商売としては回転率が悪くて商売にならないだろう...そんな考えは昔にはあった。飲食店の回転率をいかに上げるかということが、正しいビジネスとでもいうように。当時の経営陣は、点でしかお客様を捉えていなかったのだろう?スタバは、敢えて回転率を悪くする心地良い空間作りをして、リピート率をあげたのだ。


そして、細部に渡ってワクワク、ドキドキときめいてしまう。コーヒーなんてもっと安く飲めるはずだけれど、あの空間にお金を払っているのだと思う。壁面のアートの飾り方も秀逸だ。こんなにショップ展開をしていながら、どこもある一定のレベルでクオリティを保っている。


自分が、自分がという利益追求型より、お客様の視点でサービスを考えれば、答えが見えてくるはず。与える者は、与えられる。「買って!買って!」ではなく、「こうすれば、暮らしが素敵になります」というような提案型が大切なのではないか?僕は、天の邪鬼だから、「買って!買って!」と言われると買いたくなくなってしまのである。だから、これからは素敵を提供しよう。


スタバは、カフェのディズニーランドといったところだろうか?



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 21:41 | コメント (0)

CLASSY CLUB STYLEに掲載

アートの飾り方

ひとクラス上の住まい。というテーマでTVCMが放映されている、住友商事不動産のクラッシィハウスWEB版に掲載された。こういう住まいにVIGLOWAのアートをコーディネートさせてもらえないかと、常々スタッフと話していたところだった。


201300426_01.jpg
思考は現実化するとはこういうことなのだろうか?まさに僕が求めていたことと、編集ライターの方の取材テーマがぴったりと合致した瞬間だった。モデルルームは、ある程度、非現実的な作りをしてお客様に夢を抱かせるというのは当然のことかもしれない。


201300426_02.jpg
でも、多くの住宅展示場やモデルルームには、スタイリッシュな演出をし過ぎているような気がする。心地良さを提唱していながら、クールで都会的なホテルのラウンジみたいな作りだったり...ここは、白金台のおしゃれな場所。だからこそ、都会にはない色味だったり温もりのあるアートを飾ってもいいのではないだろうか?光やノスタルジーを感じたりすることによって、都会的なものが中和されるような気がする。


201300426_03.jpg
たまにハイグレードなホテルに行くのはいいけれど、家は住まうところ。料理したり、洗濯したり、掃除まで自分でやらなくはならない。いくら大都会でもゆったりと寛げる空間が住まいなのである。リビングダイニングは、日本では見ることはない、Rikke Darlingのアートをコーディネートしてみた。VIGLOWAは、人を中心にLifeから発想していくので、家族で心地良い空間を共有するには、男性的でもない、女性的でもない、中性的なアートを提案した。デンマークの作家の彼女は、北欧のオーロラからインスパイアされ、生命が光を求めてうごめくような抽象画を描いている。抽象絵画は具象画と違って、その日の気分や、天候、光の加減によってさまざまな印象を受けることができて、何度見ても飽きがこない。このような抽象アートは、自分の心の投影となり、心のバロメーターとなることでしょう。

CLASSY CLUB STYLE Vol.6



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 20:32 | コメント (0)

マンションの一角にアートを飾る

アートの飾り方

自宅で間接照明にしてホテルの一室のようなコーナーを作ると、仕事から帰ってきてクールダウンできる。今年から、夜更かしをしないように早寝早起きを徹底している。


20130223_01.jpg


月一回の朝会も快適だ。会社では、実務と同時に人と会う機会が多いのでとても緊張を強いられる。デザイン案を考えたり、スケッチを描いたり、企画書を作成したり、打合せをしたり、帳簿をチェックしたり、企画展の準備をしたり、自社のブランディングを考えたり、笑顔になったり、眉間にシワを寄せたり、喜んだり、思うようにコトが運ばなかったり...そんな一日が終わって、家に辿り着く。


夜、家では天井からの煌々とした照明は灯さない。この写真のように間接照明にしてぼんやりと音楽を聴く。普段は、ビートの効いたロックが好きだけれど、このような暗がりの中では、'40〜'50年代のアメリカのジャズ女性ボーカルが落ち着く。ゆったりとしたバラードが耳元で囁くように流れ、一日の疲れを癒してくれる。


リビングの大きなソファは、気持ち良過ぎて横になって寝てしまうので、シングルソファに足を投げ出し、バラードに身を包まれながら本を読むのが至福のひとときである。


壁には、高崎勉のsilhouetteというタイトルのアートフォト。ノスタルジックな雰囲気の作品は、けっしてそれ自体、主張するわけでもないけれど、その場所の雰囲気を作り上げるものである。主張しないアート、主張しない音楽、主張しない照明、主張しないインテリア、主張しない文学、そして、そこには主張しないモノ達が集まって驚きと儚さを醸し出してくれる。主張するモノの中に囲まれるより、こちらの方がちょっとした大人の遊びなのである。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 21:36 | コメント (2)

Merry Cristmas!

アートの飾り方

ギャラリーヴィグロワというのは、ギャラリーというよりはショールームにしていきたいと思っている。なぜなら、僕自身が家にアートを飾りたいと思ってギャラリー巡りをしたところ、「なんでこんなに敷居が高いのだろう?」と疑問に思ったから。


20121225_01.jpg


村上隆や奈良美智が大成功してからというものの、日本のギャラリーの多くは、右へ習えとばかりに現代アートが主流になっているような気がする。それが悪いというわけではないけれど、家にアートを飾って、きれいに掃除して、おしゃれな空間ができあがったとき、人を呼びたくなるようなアートがあってもいいのではないかと思った。有名だとか無名だとかではなく、飾ってその空間に調和するアートが理想的だ。アートは人に驚きを与えるだけではない。人に心地良さを提供するアートがあってもいい。


20121225_02.jpg


そんな思いをWEB上で発信続けていたら、毎日新聞社の編集者の方から電話取材を受けた。「クリスマスパーティに室内を飾る」というテーマだったので、+αのコーナーにVIGLOWAのことを紹介したいと連絡があった。電話で何度かに渡ってお話をしているうちに「こういうギャラリーって、ないですね」と言われて、とても光栄だった。たとえ、小さなコーナーであっても、VIGLOWAのコンセプトを理解していただけたことがすごくうれしかった。


20121225_03.jpg


20121225_04.jpg


そう、「なんでこういうギャラリーがないのだろう?」という疑問から、「ないのであれば自分でやってみよう」というのがスタートだった。まだまだ、日本では気軽にアートを飾るという文化が根付いていないようだけれど、おしゃれなファッションに身を包むような感覚で、アートを着飾るような感覚が生まれると生活が豊かになると思う。だから、仰々しく「すごい作家です」というような雰囲気を出さないようにしているのです。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 23:13

アートと暮らす

アートの飾り方

デザイン会社の半分をギャラリーとしてオープンしてから、1年と9ヶ月が経つ。この間、いろいろ試行錯誤しながら考え方が言葉として纏まってきた。いわゆる、コンセプトというやつ。コンセプトという煙に巻くような言葉を使いたくないから、考え方とでもいうのであろうか?簡単にいうと、自分が「こんなギャラリーがあればいいのになあ?」と思ったことからだった。なぜ、多くのギャラリーは、難解な現代アートが多いのか?もっと、身近なアートを探すと途端に壁紙のように安っぽくなってしまう。そこで、ギャラリーの考え方を以下、平易な言葉でまとめてみた。そして、自宅の生活空間で「アートのある暮らし」を実践してみた。


20121125_01.jpg


アートには、いろいろな解釈があると思います。有名作家をコレクションする満足感、または、部屋に飾ることによって生活が豊かになるアート。ギャラリーヴィグロワでは、有名無名に関わらずアートを部屋に飾って、生活空間がおしゃれになったり、素敵になったり、ついつい友達に電話して「うちに遊びに来ない?」と言いたくなるような素敵ライフを提案していきたいと思っています。


「今までのギャラリーでは、敷居が高すぎる」でも、「百貨店やインテリアショップにあるポスターでは軽すぎる」と思われている方にぴったりの中間を目指しています。投資のためのアートや難解なアートではなく、生活空間を彩り素敵になるアートがあるといいですよね。「海外のインテリア雑誌や書籍に載っているようなアートはどこに行ったら買えるのだろう?」と思っていました。多くのアートギャラリー、画廊はなかなか敷居が高く、アートを鑑賞するにはその世界に入り込めますが、感動のあまり「自分の部屋に合うのかどうか?」ということを考える間もなく、その場を後にしてしまいます。


本当は、アートを鑑賞しているときに想像していただきたいことは「自分の家のどこに飾ろうか?」「リビングに飾ると家族が明るくなる」「仕事から帰ってきて、自分の書斎に籠ったときに落ち着く」「トイレにもキッチンにも玄関にもベッドサイドにも素敵なアートがあれば、心がなごみ生活が豊かになるだろうなあ?」などと夢を膨らませることです。ダイニングテーブルにさりげなく乗った一輪の花、窓から斜めに射し込む午後の日射し。階段の踊り場に飾られてあるアートなど、通りがかりにちらっと目にするアートは主張もないけれど心地良いものです。私たちが目指すアートは、そのようなアートです。


こんなギャラリーがなかったので、自分でギャラリーを始めてしまいました。難しい言葉ではなく、みなさんに共感していただけることばで、飾らず気取らずありのままの気持ちをステートメント化しました。




★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 11:40 | コメント (0)