<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

色の波動

2015年1月

色彩の勉強をしたことがある人なら、誰もが通る基本中の基本ですが、この世の物質には色がついているのではなく、物質に当たって跳ね返ってくる光の反射なのです。その反射するものは何かというと電磁波という波動エネルギーです。音にも音波、海にも波があり、人間関係にも波長が合うなどと言います。


20150120_01.jpg


小学生の頃、科学の実験でプリズムを使って太陽光をあててみると7色のレインボウカラーが分離されたのを覚えていますか?それが、肉眼で見えるほんの一部の色であることをニュートンが証明しました。


上図のように、人間が知覚できる色は、ほんの一部で380nm(ナノメーター)から780nmと呼ばれ、可視光線といいます。380nmより低くなると紫外線、x線、γ線(ガンマ線)になり、780nmより高くなると赤外線、電波となるわけです。x線は、1pm(ピコメーター、1pm=0.001nm)〜10nm程度の電磁波で、病院で検査するときのレントゲンです。


全ての物質の最小単位は、原子でその周りに分子が回って波動を起こしていると物理の授業で習ったような気がします。(こんな神秘的なことにつながっているなんてことを知っていれば、もっと勉強すればよかった)


人間の肉体も物質であり、その細胞の最小単位は原子であり、そこからも波動を発しているということになります。好きなモノに囲まれ、好きな仲間と愛する家族に囲まれて、幸せを感じる人は、良い波動に囲まれているということになるでしょう。
それができていない人は、逆にそれを利用すれば良いのではないか?つまり、自分の好きな色は何か?好きなモノは何か?一緒に過ごして心地良い仕事は何か?収入よりも好きな仕事をやってやりがいのあることは何か?アートも権威のある人が勧めるモノが良いのではなく、好きなアートは何か?常に考え続けて、スクラップに貼付けているときっと見つかるはずです。そのように発信し続けていれば、きっと良い波動を受信することができるでしょう。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 18:37 | コメント (0)