<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

スタバの心地良い空間

2013年7月

スタバのデザインが好きだ。空間、パッケージ、壁面、インテリア、照明も含めて、グランドデザインが心地良い。スタバができてから、このようなカフェがたくさん出現したけれど、どれもスタバには追いついていない。味がどうとかという問題でなく、デザインのバランス感覚がいい。


210130723_01.jpg


いつまでも居たくなる雰囲気。きっと、商売としては回転率が悪くて商売にならないだろう...そんな考えは昔にはあった。飲食店の回転率をいかに上げるかということが、正しいビジネスとでもいうように。当時の経営陣は、点でしかお客様を捉えていなかったのだろう?スタバは、敢えて回転率を悪くする心地良い空間作りをして、リピート率をあげたのだ。


そして、細部に渡ってワクワク、ドキドキときめいてしまう。コーヒーなんてもっと安く飲めるはずだけれど、あの空間にお金を払っているのだと思う。壁面のアートの飾り方も秀逸だ。こんなにショップ展開をしていながら、どこもある一定のレベルでクオリティを保っている。


自分が、自分がという利益追求型より、お客様の視点でサービスを考えれば、答えが見えてくるはず。与える者は、与えられる。「買って!買って!」ではなく、「こうすれば、暮らしが素敵になります」というような提案型が大切なのではないか?僕は、天の邪鬼だから、「買って!買って!」と言われると買いたくなくなってしまのである。だから、これからは素敵を提供しよう。


スタバは、カフェのディズニーランドといったところだろうか?



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 21:41 | コメント (0)