<< 2011年5月13日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

高崎勉 Breath.展

2011年5月13日

ギャラリーヴィグロワ企画展の第2弾は、高崎勉の花のシリーズ。世の中が停滞ムードなので少しでも明るく希望を持ってほしいという理由から、今回の作品を選びました。


20110513_02.jpg


僕が好きな作品は、この3点。もちろん、その日によって好みが変わったり気分を変えて飾りたくなる作品もある。朝と夜では好みも違ってくる。間接照明の世のバーなどでは、大きな額に入れたダリアなどいいかもしれない。


20110513_01.jpg


場所や気分によっても見方が違ってくるものだ。この3点がいいと思ったのは、高崎勉が語っている、「大切な人は、息づかいが感じられるほどの身近にいる」ということだ。僕はこの言葉にとても共感できる。人は、前を向き真っすぐに突っ走ってきて、時には壁にぶつかり、時には落胆したり、不安になったりするものだ。そんなとき、前に立ちはだかりこれ見よがしに自分の存在感を主張する人よりも、背後に息づかいが感じられ程の距離にいる人の方が大切な人だったりする。


20110513_03.jpg


この距離感は、人肌を体感できる距離でもあり、ほのかな息づかいを感じられる距離でもある。この二輪の花達はそんな寄り添う姿を表している。特にこの3点は、人肌のように透き通った儚さがある。人生を突っ走ってきて、ふと立ち止まるとそんな朧げな記憶が蘇ってくる。



投稿者 hidetoshi shinohara : 14:36 | コメント (2)

comment(2)

静かな幸せが広がるように咲いているような..
とても優しい温もりが伝わってくるようです。
無垢な姿に心地好い安心を感じました。

投稿者:雪 :2011年5月23日 12:06


>雪さま

ありがとうございます。
特にこの3点は、儚さゆえの支え合う絆を感じました。
人は、一人では生きていけない。
そんなことを実感したテーマでした。

個展終了後もしばらくこのまま展示しておこうと思います。
お時間ありましたら、ぜひ現物をご覧ください。

投稿者:hide★ :2011年5月23日 12:29