<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

TOKYO GLOW

2011年1月

今年のテーマは、輝き。最近、ちょっと表現が暗くなっていたようなので少し反省。見る人に心地よさを提供するには、何か希望が湧いてくる表現がいい。


20110130_01.jpg


そういう風に考えると東京の夜景は美しいものだ。きらきらと輝いている。都市が生命のように鼓動している。高速道路は、血液がどっくんどっくん流れているかのごとく、うごめいている。


20110130_03.jpg


真夜中になっても暗くならない。誰かが必ず起きているということだね。この都市はいつ寝るのだろう?誰かがぐっすりと寝ている間に活動している人達がいるということだ。


20110130_04.jpg


この汐留の高層マンションにもいろいろな人が住んでいる。たかが家の灯りなのにこうやって集合住宅を遠くからみると様々な色温度が宝石のように煌めいている。


あらためて見ると美しい都市。
GLOW...



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 22:23 | コメント (2)

東京マンハッタン

2011年1月

東京なのにマンハッタンのような風景。浜松町貿易センターの40階展望台からこのような光景が見れる。東京は、地震が多いせいか摩天楼というほどではないかもしれないけれど、ビル群を見ているとニューヨークのようだ。


20110123.jpg


ニューヨークでは、この倍以上の高さだからね。なにもあそこまで高くなくていいのにね。40階から下を見下ろしてもずいぶんと高いところへ来てしまったという気がする。でもそこから見渡す東京の景色は美しかった。東京もなかなかやるじゃないかと思った。


ここからは、東京タワーがどのビルにも邪魔されずに全景が見える。晴れた日には富士山も見える。真下は、モノレール浜松町駅だ。


高いところから見渡すと、上昇志向が芽生えてくるね。「上を向いて歩こう!」という歌があるように地上でビルの隙間から見る大空と違って、何にも邪魔されず大空が見渡せる。


年明け早々に港区観光フォトコンテストのお話をいただいた。まだ、未発表なので全部をブログに掲載するわけにはいかないけれど、今回はずいぶんと多くの写真を撮らせていただきました。


撮影していると美しい風景に圧倒されて、時間が経つのも忘れてしまう。きっと、毎日に見ていると雲の表情も違ってくるのだろう?僕は、晴れ男なので天気予報を見て、1日は曇りの日を予定に入れたのだけど、残念ながら3日間とも空気の澄んだ雲ひとつない晴天になってしまった。


昨年までうつむき加減だったけど、この大空を見て今年は上を向いて歩くぞっ!っと。


ああ、もっと撮りたい。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 22:53 | コメント (0)