<< 2009年12月 9日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アンバランス

2009年12月 9日

ボツ案のキャラクターを蘇らせてみた。


091209_01.jpg


ある企業のキャラクター達を提案したけど、ボツになった。テーマは森の仲間達。その中のひとつにアンバランスというキャラクターを考えた。ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」とピーター・マックスのビートルズの「イエローサブマリン」にインスパイアーされた。


現実の世界にもこういうアンバランスな人がいる。その特性を極端にデフォルメして誇張してみた。外見と内面が全く違う人。外見は、イケメン、イケジョ(?)なのに、話してみると印象とまったく違う人っているでしょう?そう、そんな人をシンプルに表現してみるとこうなった。ここで言っているのは、いい意味でのアンバランス。


たとえば、見た目は美しくて高嶺の花のような女性がいるとする。その人は、とてもじゃないけど、僕なんかを相手にしてくれないと思っていた。僕は、いつも柱の陰から顔を半分隠し、遠くから目で彼女を追っている。


ある日、たままた話をする機会があった。意外と気さくだということに気付き、今度一緒に会うことになったとする。そして、だんだん親密なり、気心がしれてくれる。一緒にいる時の会話が面白おかしく、見た目と全然違うことに気付く。でも、その見た目とのギャップがとてもアンバランスで魅力的な人っていないだろうか?


実は、何を隠そう、僕もその一人である。見た目と中身のギャップが激しくすぎると言われる。そんな人に出会うととても親近感を感じる。



投稿者 hidetoshi shinohara : 22:03 | コメント (4)

comment(4)

今回のは、hideさんの撮るシャープな写真と違って、とっても可愛いキャラクターのイラストですね。
いつかこの子が何かの製品のキャラクターのなればいいのに・・・。
もしなったときには、真っ先に見つけることでしょう。

ヒトもアンバランスなほうが、付き合っていて面白いでしょうね。

投稿者:elle :2009年12月12日 12:32


>elleさま

表現と幅を広げるためにもいろいろなことに
チャレンジしていきたいです。
僕はいつもシャープでクールなイメージだと思われいるようですが、
このキャラクターのように内面は全然違います。

僕が目指している表現は「心地よさ」をカタチにすること。
今はやりのライト感覚な表面的な心地よさではなく、
人間が持っているプリミティブな懐かしみたいなもの。
そして、一過性のものではなく永続性のあるもの。

かっこよさとプリミティブな感覚がミ
ックスさるのがいいかと思っています。

投稿者:hide★ :2009年12月12日 14:12


アンバランス=意外性=ギャップなのかなぁ
アンバランスは人の魅力の多くを占めていると思います。
あの人って以外と○○でいいよね~なんて最高の誉め言葉です。

ふふ(笑)
hide★さんってクールに見えて、実に熱い・暖かい・柔らかい方ですよね。

投稿者:Rei :2009年12月13日 14:25


>Reiさま

意外性というのはギャップに加え、サプライズもありますね。
こんな人がこんなことを?などということが多々あります。
そんな人が驚きを与えてくれて、刺激になるのでしょうね。

パワフルな人は、みんなアンバランスですよね。
いい意味でのアンバランス。
僕はクールに見えるのは、ちょっとシャイだから。
でも、中身は全然違うんですけどね。

投稿者:hide★ :2009年12月14日 10:34