<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

ローマの壁

2008年5月

写真を整理していたら、ローマの壁の写真がでてきた。


080526_01.jpg


どんな人でも壁にぶつかることがないだろうか?僕は、壁にぶつかった時、必ず突破口があるはずだと、自分に言い聞かせている。そんな苦境に立たされた時を思い出して、壁をじっと見つめているのが好きだ。


080526_02.jpg


海外旅行へ行っても、観光名所よりも壁を見つめていることが多い。だから、友人たちに「どうだった?」と聞かれると、とても困る。どうやら、多くの人は、ありきたりの答えを期待しているようだから...


080526_03.jpg


壁にマクロレンズを向けて、シャッターを切っている僕に、現地の人は不思議そうに声をかけてくる。イタリア語は、分からなかったが「そこに何があるんだい?」とでも聞いているのだろう。

そこに何があるかって?僕にとっては、それは景色だ。コロッセオやトレヴィの泉よりも面白い。ずっと見つめていると、壁が壁ではなくなってくるのだ。こんなにもいろいろな表情があるではないか。そう思うと、どんな壁にぶつかっても乗り越えられるような気がするものである。

勝ち組、負け組という言葉を聞くけど、勝つというのは、誰に勝つのだろうか?他人に勝ったとしても何もいいことなんかありゃしない。そこに憎悪が生まれるだけだ。どんな難しいプロジェクトでも多くの場合、他人との共同作業が必要だ。一人一人が、自分の壁を乗り越えられた時、そのプロジェクトは威力を発揮するのではないだろうか?ローマの壁は、自分自身を高めてくれる、ずっしりと重い壁に見えてくる。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 01:51 | コメント (8)