<< 2015年8月             1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31          

小さな小さな花

2007年4月

気持ちを整理するために公園を歩いた。
華やいだ花壇の片隅に、目にも留まらぬ小さな小さな花を見つけた。


_DSC1496.jpg


その名をわすれな草と言う。花径が5mm位(写真は2倍率のマクロで撮影)の小さな小さな花。じっと見つめると、特に強い風が吹いているわけでもないのに「ここだよ」って、全身に力を込めて、ぷるぷるっと揺れて合図する。

小さくても「私を忘れないで」と言っているように見える、わすれな草は、ドイツにこんな言い伝えがある。

ある日、ドナウ川のほとりを歩いていた恋人達。青年が岸辺に小さな小さな可憐な花を見つけた。青年は、その花を摘んで、彼女へプレゼントしようとした時、過って川へ落ちてしまった。必死で、岸へ泳ぎつこうとしたが、残念なことに青年は激流に飲み込まれ、力尽きてしまった。その間際、青年は彼女に「どうか、僕のことを忘れないで」と言って、小さな花を放り投げたそうだ。

目にも留まらぬ小さな花だけど、一度見たら決して、忘れることができない、ロマンチックな花。


小さな花のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 20:03 | コメント (18)

つつじ、散る

2007年4月

今日は、朝から生憎の雨だった。
最近、すっかり、雨の日が楽しくなってしまったので、
午後からカメラを持って散歩へ出た。


_DSC1425.jpg


れれれのれーーー!の気分。
あっ、つっ、つつじが散っているっ!


_DSC1422.jpg


真っ赤なつつじが、雨で濡れて、黒ずんでいるアスファルトに鮮やかに映えている。見ている端から、はらりと一輪のつつじが散っていく。緑色の葉っぱと真っ赤な花びらが補色関係で、より鮮やかに色彩を彩る。雨上がりの曇天はさらに美しい。


_DSC1423.jpg


野球のユニホームを着た中坊達は部活でしごかれ、歩道をランニングして、僕の背中越しに通り過ぎて行く。僕は、その傍らで、つつじの花びらに10センチ位まで近づき、写真を撮る。変なおじさんと思われても気にしない。君達には、この儚くて、美しい一瞬を堪能できるだけの人生経験がないだろう?(なぜ、そんなことが分かるかって。僕も君達の年頃には、つつじなんてものは視界には入ってこなかったら)


_DSC1424.jpg


その赤いつつじは、花びらが、カーマインから、マゼンタへとグラデーションになっているのがとても美しい。もっと、顔を見せておくれ。ほらっ、恥ずかしがらずに。そうだ、いい子だ。なかなかきれいじゃないか。そんなに頬を赤らめなくなって....と、僕は、雨上がりの午後に一人つぶやいた。雨の日のつつじもいいものだ。


雨の日のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 21:33 | コメント (16)

雨の中のスウィング

2007年4月

今週、健康診断に行った帰り、雨だった。
傘もなく、ずぶ濡れになって、後楽園の駅まで10分程歩いた。
雨の日が嫌いな僕は、気分は最悪だった。


_DSC1285.jpg


やっとのことで、丸ノ内線後楽園駅の軒下でひとまず雨宿り。ハンカチで濡れた体を拭きながら、今来た方向を振り返ってみれば、目の前の礫川公園には、鮮やかな八重桜が咲いていた。


_DSC1274.jpg


通り行く人々は、傘をさして雨を避けるようにみんな下を向き、水たまりを避けるようにぴょんぴょん飛び跳ねて、駅へ急いでいる。もう、誰も桜になんか興味ないようだ。あんなに桜に熱狂的な国民なのに、ソメイヨシノが散ると、もう慌ただしく、日常へと帰っていく。八重桜は、「あれは桜ではない」とでも言っているようだ。桜が、ちょっと泣いている。


_DSC1283.jpg


僕は、心の中で、「大丈夫だよ。ここに観客がいるじゃないか」と桜に語りかけ、雨の中へ飛び込んでいった。どうせ、もう、全身ずぶ濡れなのだから。気分は、あの「雨に唄えば」のジーン・ケリーのつもり。


_DSC1291.jpg


スウィングして、スキップして、桜の木の下に辿り着く。そして、夢中でシャッターを切った。鼻歌まじりで、浮かれていたせいか、アップの写真は全部、ブレブレ。そんなことなんかどうでもいい。さーーーっ!と、降りしきる雨が光を拡散して、桜の色を鮮やかにしてくれる。


_DSC1289.jpg


「もう、どうにでもなれ」と言う気持ちで、木の下から飛び出し、自ら雨に当たりにいった。つつじと緑の葉っぱが、なんとも色鮮やかだ。誰も花見なんかしていないけど、僕は天を仰ぎ、顔面に雨を受け、一人花見を満喫した。


まだまだ、桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 22:28 | コメント (24)

桜というオアシス

2007年4月

桜の満開から、一週間が経った。
あいにくの曇り空。


070407_01.jpg


桜が散ってしまうのが、名残惜しい。地面に落ちた桜の楽しみ方もあるのではないかと、地面にカメラを向けた。


070407_02.jpg


地面には、あれだけ人々を熱狂させた桜が、土まみれになって地面に散っていた。この上をみんな踏みつけていく。ちょと、感傷的になっていたら、曇り空だというのに突然、陽射しが桜の木を照らして、地面に木の影を作った。


070407_03.jpg


気持ちが通じたのだろうか?ほんの一瞬の出来事だった。桜は、この時期、ぱあーっと咲いて、ぱあーっと散っていく。この散り際が、潔くて美しいのかもしれない。

桜が散る頃、人々は何事もなかったように日常へ戻る。さくらは、寅さんに言う。「額に汗して、汗まみれになって働く人と、いいかっこしてブラブラしている人とどっちが偉いと思うの。地道に働くってことは尊いことなのよ」

桜の季節、ついつい浮かれた気分になって、勤労意欲が少し薄れてくるが、このひとときのオアシスを堪能したら、額に汗して地道に働くこととしよう。さくらが、いや、桜が愛されるのは、そんな庶民の束の間のオアシスだからなのかもしれない。


散り際が美しい、桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 23:48 | コメント (16)

小さな桜

2007年4月

小さな森の小さな池で、水面を眺めていると
上からハラハラと小さな桜の花びらが舞い降りて来た。


070406_01.jpg


さくらを演じる倍賞千恵子さんは、「無個性という個性のある女優」と評されていたようだ。たった一枚のなんの個性もない小さな桜の花びら。


070406_02.jpg


そんなことを考えていると、ぴったりと寄り添った二枚の桜が流れてきた。一枚が二枚に三枚にと、どんどん増えていく。


070406_03.jpg



おいちゃん、おばちゃんが営んでいる、とらやという小さな団子屋には、さくら、博、タコ社長、寅さんのマドンナがいつも出たり入ったり、いつの間にか、商店街の人が集まり、準家族として存在する。


070406_04.jpg


旅先で、寅さんは困った人を見ると「何かあったら、東京は葛飾柴又の帝釈天参道にある、とらやという小さな団子屋を尋ねて行きな。きっと、悪いようにはしねぇ」と捨て台詞を吐き、去って行く。

そんなことを言うものだから、みんな寅さんを頼って、とらやに集まる。おいちゃん、おばちゃんも、これがまた人がいいものだから、すぐ食事の支度をしてもてなす。

寅さんの恋愛談義で盛り上がったところで、突然の客は、「そろそろ時間なので...」というと、決まってさくらは「ねえ、泊まっていきなさいよ。いいでしょ」と別れを惜しむかのようだ。これが、団欒というものだ。小さな花びらもたくさん集まれば、賑やかになっていくものだ。


小さな桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 15:49 | コメント (16)

ああ、さくら!

2007年4月

昨日の豪雨で、あの小さな森の桜が気になって、
早起きして見に行った。やっぱり!


070405_01.jpg


さくらって、いつも可愛そう。ある日、さくらと博は、おいちゃん、おばちゃんに、額に汗してコツコツためたお金で、念願叶って家を建てるという話をしている。


070405_02.jpg


そこへ、寅さん、気まぐれに放浪の旅から帰ってきて、その話に割り込む。「割り箸みたいな細い柱立ててよ。安いせんべいみたいな壁をぺこぺこまわりに貼り付けて、中へお住みになるんですか?(中略)家なんか建てようなんて、生意気なことはやめろ!」と毒舌を吐く。


070405_03.jpg


「言っていいことと悪いことがあるのよ、お兄ちゃん!そりゃ、私達の建てる家なんて、どうせ安普請よ。そよ風が吹いたら、倒れるかもしれないわ、(中略)私達が毎日のおかずを節約して、五年かかって貯めたお金をもとにして(中略)....」

「でもね、私達の家は真面目に働いたお金で建てるのよ。私達は、自分の家が持てるから、嬉しくてしょうがないのよ。お兄ちゃん、どうして、さくらがんばれよって.....そう言ってくれないの......」と、さくらは、泣き出す。僕も泣き出す。

寅さんは、自分がフーテンで、さくらに何もしてあげられないことの裏返しで、あんなひどいことを言ってしまったのかもしれない。雨の後のさくら、いや桜は、なんだか背中を向けて、しくしくないているようで物悲しい。


雨桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 15:30 | コメント (10)

桜が去っていく

2007年4月

夕方から、豪雨だという。
雨が降らないうちに近くの森へ、桜を見に行った。


070404_01.jpg


なんと、かなり散っているではないか。小さな森の池には、桜の花びらが浮いて、どこかへ流れていく。恋い焦がれた、桜が去っていく。


070404_02.jpg


寅さんが、なぜ、48回も失恋し続けたかって?実は、永遠の憧れの女性は、さくらだったからという説がある。妹への思慕は、禁忌だから放浪の旅へ出るしかないということなのだ。

流れ去るさくら、いや、桜を見ていると、水面に映った、山吹の花の鮮やかな黄色が、まるで、太陽のように明るく破天荒な寅さんのようでもある。そして、さくらは、一歩下がって、見守り優しく癒してくれる。寅さんは、そんな女性を求めて、あてのない放浪の旅にでる。


070404_03.jpg


僕は、そんな桜を見届けて、小さな池を後にした。途中の遊歩道では、山吹の花が鮮やかに咲いていた。散っていくものと、鮮やかに咲き誇っているものが、すれ違っていくようだ。「また、来年会えるさ!」とさくらに、いや、桜に言い残してそこを後にした。


水面桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 17:56 | コメント (8)

桜とさくら

2007年4月

桜を見ていると、さくらを思い出す。
そう、寅さんの妹のさくらだ。


070403_01.jpg


若い頃、寅さんの映画は面白いと心の中では思っていても、口が裂けても好きとは言えなかった。山田洋次監督の映画は好きだったけど、あまり、人には語らなかった。「なんか、おしゃれじゃないんだよなー!」と耳をほじりながら、思ったものだ。


070403_02.jpg


でも、山田監督の本をむさぼり読んでみると、なんとも、深いのだ。お互いが響き合い、俳優の良いところも悪いところも生かされている。それぞれの持ち味を生かして、監督は「そのままを演じればいい」と、さくらを演じる、倍賞千恵子さんに言ったそうだ。

僕の仕事は、寅さんと同じようにヤクザな渡世人。北から声がかかれば、出向いていき、南から声がかかれば「あいよっ!」と飛んでいく。出かける時は、決まって「おれは、出て行く、旅の空!」

心の中では、寂しいくせに啖呵切った手前、「止めるな!さくら!」と捨て台詞を吐く。そうなんだ、ダンディなどと強がっているけれど、さくらに止めてほしいのだよ。そして、時には「おに〜い〜ちゃんっ!」ときつく叱ってほしいのだ。どんなにかっこつけていても、僕は、寅さんとなんら、変わりはしない。

桜がなぜ、いいかって?あんなに優しそうで可憐な花なのに、強風にも負けず、羽目を外しそうな僕を止めてくれるような気がするんだよね。


桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 12:32 | コメント (10)

オルフェのような夜桜

2007年4月

土曜の深夜、自宅近くの播磨坂、桜並木通りへ夜桜を撮りに行った。
ここは、桜のシーズンになると、夜桜を楽しむ人達で賑わっているはずが、
この日は、誰もいなく不思議で奇妙な世界に見えた。


_DSC0728_01.jpg


夜桜を撮影するという、重要なミッションを与えられたので、三脚にカメラを取り付け、肩に担いで撮影へ出かけた。独自の視点の桜を撮れないものかと、しばらく歩き続ける。この日も強風で煽られる。


_DSC0725_02.jpg


なんと、カラーで撮影すると街頭の水銀灯が、写真に写ると桜を緑色に照らして、桜色の美しさが台無しになった。そこで、僕はモノクロに変換してみた。桜が強風でブレているが、暗闇の中で不思議に舞っていた。まるで、ジャン・コクトーの「オルフェ」のように。


_DSC0723_03.jpg


物語の中の詩人オルフェは、冥界の中の王女に恋をする。鏡が異世界とこの世を結ぶ出入り口になっている。王女に会うには、鏡の向こうへ行かなければならない。王女は、夜毎オルフェの枕元に現れるが、彼はそれには気付かない。そして、オルフェは、とうとう鏡の向こうへ入る手袋を手に入れる。


_DSC0724_04.jpg


そこは、この世とは思えない、奇妙な別世界。モノクロの桜には、この世ではない、冥界の美しさを感じるのだ。もしかしたら、この妖艶な桜は、鏡の向こうの冥界の王女が、この世の人間を手招きしているのかもしれない。


_DSC0726_05.jpg


深夜、怪しげにカメラを担いで歩いていると、冥界の入り口に出会うような気がする。こんな夜桜の見方も今までなかったかもしれない。まだまだ、いろいろな発見があるものだ。


夜桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 01:15 | コメント (8)

アンダルシアから、チェリーブロッサム

2007年4月

週末、打合わせの帰りに不忍池へ立ち寄った。
桜が満開なので、カメラを向けた。


070401_01.jpg


みんなカメラを持って、桜日和を満喫しようとしているが、とにかく、風が強い。ファインダーを覗いて、息を止め、風が止む一瞬を捕えようとするが、花びらはブレる。焦る。桜がぴたっと止まらない。背後の視線が気になる。早く終わらせたい。


070401_02.jpg


そのうち、桜の花びらが、ダンスを踊っているように見えてきた。ここは、タブラオと呼ばれる酒場。フラメンコダンサーのドレスが、宙を舞う。木々をよぎる風が、ざわざわと蠢き、カンテのように聴こえる。カスタネットの音が小刻みに聴こえ、サビーカスのギターが、哀愁を誘う。

ピントが合わないのは、まさにバッドチューニング。僕は、この瞬間まで、わざわざカメラを三脚に取り付けて、桜にピントを合わせなくてはいけないと思い込んでいた。心の中で、もう、普通の桜は見飽きたじゃないかと、つぶやく。僕が撮らなくたって、毎年同じような写真を誰かが撮影している。こんな花見があってもいい。気分は、アンダルシア。


上野で見つけた、桜のバッドチューニング。



★みなさんからのコメントをお待ちしております。

投稿者 hidetoshi shinohara : 01:49 | コメント (12)